◎作者プロフィール

●イラストレーター  森 俊憲(もりとしのり/通称カーニバル)

◎作者近景
◎作者近景

◯香川県生まれ、高校生の時にオートバイ雑誌にペン画を投稿して掲載され、嬉しくてイラストレーターへ憧れるが、普通の大学を受験し山梨大学機械科に進学。大学にも行かず昼夜逆転の生活をしていた時、偶然買った本に『山名文夫』さんが紹介されていて自分もこんな絵が描きたいと思い、親を説得?大学を中退し、当時山名さんが顧問をしていた専門学校日本デザイナー学院』へ進学。

組み立て木製玩具
◎学生時代に作った木のおもちゃ

 

○先生や友達にも恵まれ、非常に楽しい学生時代でした。夏休みの課題に木のおもちゃを制作しています。

◯イラストも好きでしたが、パッケージデザインが好きで、卒業制作で「紙箱のパズル」を作ったことが縁で、渋谷の小さなおもちゃのデザイン会社に入社。幼児玩具希望でしたが、なぜか仕事はウルトラマンとか仮面ライダーの取扱説明書の線画を描く日々。またこの仕事がどうしようもなく下手でした。(笑)


◎バンダイーピヨピヨコンサート
◎ムック(バンダイ)ーピヨピヨコンサート

◯その後、待望の幼児玩具の仕事が大手おもちゃ会社から来て、幼児玩具のデザイン担当になりました。当時は、ミキハウスや、ファミリアなどの子供服ブランドが人気の頃で、幼児玩具のオリジナルブランドを作ろうと言う話になり『ムック』というブランド名砂場の車電話のおもちゃなど、いろいろなおもちゃをデザインしました。左のピヨピヨコンサート」が一番のヒット商品でした。

 

◎吉祥寺時代のパソコンMac840av
◎吉祥寺時代のパソコンMac840av

◯30歳の頃、六本木にあったデザイン会社へ転職、ウエットシェーバーのパッケージデザインや化粧品のボトルデザインとかを経験。この会社で初めてMacに出会い。自分でも『カラークラッシック』という小さなマックを購入し、『infini-D』という3DCGソフトを使ってブリキのロボットのイラストを描き始めました。毎日パソコンのことばかり考えておりました。

◯35の頃に退社、吉祥寺にワンルームマンションを借り、フリーデザイナーとして独立します。最初の頃は仕事が少なくて友人の在籍している会社に嘱託として週の半分勤めてたりしていました。独立して人の縁の大事なことを知りました。

 

◎落ち葉ロボット
◎落ち葉ロボット

◯デザインの仕事の合間には相変わらずロボット等の3Dイラストを自己流で描いていました。そんな頃知り合いのカメラマンKさんから今度CGのhowto本が出るので作品を出してみたらと言われて描いたのがこの『落ち葉ロボット』です。それまで作っていたブリキロボットに公園で見つけた落ち葉を貼ったものでした。それが『MAC DE DESIGN vol.2』という本に掲載3DCGイラストレーターとして歩み始めることになります。

◯1997年、家庭の事情で長岡市へ引っ越し。自然に感動してを描いた『庭師ロボット』のイラストが『これがCG制作の現場だ!3D編』に制作手順と供に掲載されました。

 

◎全自動ニットロボット
◎全自動ニットロボット

◯2001年、作品発表の場を求めて東京に事務局が有る、イラストレーター集団『ディジタル・イメージ』に参加。グループ展等で作品を発表するようになります。

 

◯2002年、インプレスから年賀状素材集『年賀状CD-ROM2003』への作品依頼が有り、自動でセータを編む『ニットロボット』のイラストを描き、掲載されます。(以降2011年まで毎年イラストを掲載。)

 

◯2009年、知り合いのイラストレーターに誘われてイラストレーターグループ『e-space』に参加。『森俊憲のイラストレーション』ページを作り、グループ展等に作品を発表するようになります。

 

©新潟テレビ21・CARNIVAL2010
©新潟テレビ21・CARNIVAL2010

◯2010年、地元テレビ局『UX新潟テレビ21』様のイメージキャラクター『ゆぅちゃん&ゴーちゃん』のキャラクターデザインと3Dイラストレーションを担当し、着ぐるみの制作やグッズの制作に関わりました。

 

◯2011年、子供英語教室の絵本イラストや、教材カタログ表紙イラスト

 幼児学習雑誌の時計キャラクターイラストなどを描きました。

ナンプレジャンプ表紙イラスト
◎ナンプレジャンプ2013年9・10月号表紙

◯2012年から2014年まで、2年間アイア株式会社様発行の隔月刊パズル誌『ナンプレジャンプ』の表紙イラストを担当していました。

『ナン』と『ジャン』というウサギのキャラクターで、時空を超えて活躍するトレジャーハンターと言う設定で毎回いろんな宝をゲットした所を江にしていました。

 

 

 

EMGマーケティング(合)様カレンダー

 

○EMGマーケティング合同会社様の2013年のミニカレンダーに「たびねこ』のイラストが採用されました。傘下のLPガス販売店などでお客様に配布されるそうです。

 

「たびねこ」は四季の里山の風景を旅する黒猫のキャラクターです。

 

 


 

Kaleidoイラストコンペ入賞作品
Rainy Season

○2013年末に開催された、東洋インキ様とシュガー様共催の『Kaleidoイラスとコンペ』にて、天使のイラスト「Rainy season入賞致しました。

その、表彰式が横浜であって、東洋インキ様より『Kaleido Certificate」の盾をいただきました。

還暦川柳表紙イラスト
還暦川柳表紙イラスト

○2014年4月21日発売の還暦川柳』(全国老人福祉施設協議会著・別冊宝島編集部編集)の表紙と中ページの三毛猫のイラストを描かせていただきました。中のページは川柳と、写真(武藤奈緒美さん)とラスト(森 俊憲)で構成されています。ブックデザインはマルプデザインの佐野佳子さんです。

○2015年

還暦川柳−2』(全国老人福祉施設協議会著・別冊宝島編集部編集)の表紙と中ページの三毛猫のイラストを描かせていただきました。中のページは川柳と、写真(武藤奈緒美さん)とイラスト(森 俊憲)で構成されています。ブックデザインはマルプデザインの佐野佳子さんです。

○2015年

小田原にある『株式会社しいの食品』様から先日発売された『江ノ猫』のパッケージの猫のイラストをやらせていただきました。

江ノ島の風景をバックにお魚をくわえた茶トラ猫を描きました。

パッケ−ジは箱の上を閉じた袋型で、中のクッキーは猫とお魚の形の2種類(ランダム)が10個入っています。

クッキーの中はチョコナッツクリームが入っています。

○2015年

おなじく『伊豆のととねこ』のパッケージの猫のイラストをやらせていただきました。

こちらは、お魚をくわえた猫と伊豆の海の風景のイラストになっています。

○2015年

株式会社タガギセイコー』様の、眼科医療機器『スリットランプ2ZLの製品デザインをやらせていただきました。

エンジニアの方と綿密な打ち合わせを繰り返し、無駄な部分を極力削ってアスリートの身体のようなシェイプアップされたデザインを目指しました。
また、LEDであるということがすぐに理解できるように、ボディの一部をブルーに発光させています

同じく『株式会社タガギセイコー』様の、眼科医療機器『スリットランプ700GLの製品デザインをやらせていただきました。

700GLは、ボディーは2ZLと共通部分もありますが、LED発光部分が2ZLとは方式が違う仕様になっています。

2ZLの上位機種である700GLのデザインでは、上部発光部をロイヤルブルーの深い紺色で塗装することで、これまでにない新鮮さと高級感を表現しました。

 

2015年5月に参加しているイラストレーターグループ e-spaceのアート文化祭に参加しました。

版画家として活動する第一歩として。猫のシルクスクリーン版画作品を3枚展示しました。

2015年7月、マックスバリュ東海MYユニオン様のコミュニティー誌『Mimo』の表紙に猫の郵便屋さんのイラストが採用されました。郵便猫と向日葵のイラストです。

○2016年

還暦川柳−3』(全国老人福祉施設協議会著・別冊宝島編集部編集)の表紙と中ページの三毛猫のイラストを描かせていただきました。中のページは川柳と、写真(武藤奈緒美さん、)とイラスト(森 俊憲)で構成されています。ブックデザインはマルプデザインの佐野佳子さんです。

 

○2016年

ネットの店舗でアートフレームを販売している『絵画生活』様で「たびねこ』のイラストフレームを取扱っていただけることになりました。

使用している額は木目を残したアイボリーホワイト塗装の額でなかなか素敵な額です。

 

サイズはB4とA3の2種類です。

 

お店は以下の3カ所です。クリックで移動します。

 

◎Yahooショッピング

 

◎楽天市場

 

 ◎Amazon

▼関連サイトです。

イラストレーター検索サイト
イラストレーター検索サイト
作者ブログ
作者ブログ
作者別館サイト
作者別館サイト
森俊憲のロボットイラストレーション
作者別館サイト
作者雑貨サイト
作者雑貨サイト